ETCカード 使い方

トップ >> ETCカードの使い方

ETCカードの使い方

初めてETCカードを作るという方は、「まず何をすればいいか?」、「本当にこれでETCゲートを通れるのか?」という不安があると思います。

以下ではETCの使い方の基本を紹介します。

ETCカードを使うまでの流れ

ETCカードを申込む

ETCカードはETCを利用するための必需品です。ETCカードを車にセットして高速道路の料金ゲートを通ると、自動的に料金を支払うことができます。

ETCカードはクレジットカード会社のサイトでETCカードを申し込みます。
お手持ちのクレジットカードの追加カードとしての申込み、もしくは新規でクレジットカードとETCカードを同時に申込むことができます。

>> ETCカードの作り方

ETCカードを申込む

ETCカードにはクレジットカードと同様に有効期限があります。有効期限はカード表面に印字されています。期限切れになっているとETCゲートが開かないので注意しましょう。

↓

ETC車載器を購入してカードをセットする
ETC車載器

ETCカード車載器はカー用品店やディーラーなどで購入でき、取り付けもしてもらえます。
そして使用前に車両情報を登録するなどのセットアップが必要で、セットアップは取り付け店で行ってもらえます。

ETC車載器のセットアップと取り付け工賃は店により異なりますが、セットアップで約3,000円、取り付け工賃約5,000円で合計8,000円程度になることが多いようです。

↓

ETCカードを挿入すればOK
ETCゲート

あとは作ったETCカードをETC車載器に挿入すればOK!高速道路のETC用入り口から通行できます。

ETCゲートに進入する時に信号が「青」になっていることを確認して、時速20km以下でゆっくり走行し、ゲートの開閉バーが開いてから通りましょう。

ETCカード利用分の料金はクレジットカードの利用代金として扱われ、クレジットカード利用料金と一緒に請求されます。