ETCカード クレジットなし

トップ >> クレジットなしのETCカード

クレジットなしのETCカード

ETCカードには大きく分けて、クレジットカード会社の発行するクレジット機能付きのETCカードと、クレジット機能のないETCパーソナルカードがあります。

ETCパーソナルカードはあまり普及していないため、知らない人も多いかもしれません。

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードは高速道路6会社が共同で発行するETCカードです。

デポジット(保証金)を預託することでETCを走行できるようになります。

ETCパーソナルカードを使って利用した高速道路の料金は銀行口座から毎月自動的に引き落とされます

ETCパーソナルカードもクレジットカードタイプのETCカードと同様に、ETCマイレージサービスやETCの割引が適用されます。

クレジット機能がないため、審査不要で持つことができることから、「クレジットカードは持ちたくない」、「審査に自信がない」という方に選ばれています。

以下ではETCパーソナルカードのメリットとデメリットについて紹介します。

ETCパーソナルカードのメリット・デメリット

メリット

審査がない

クレジット会社が発行するETCカードのように審査がありませんので、クレジットカードの審査に落ちてしまった方や、事情があってクレジットカードを作れない方でも所有できます。

ETCカード単体で作れる

クレジットカードのETCカードはクレジットカードの作成が必須ですが、ETCパーソナルカードは単体で申込むことができます

どうしてもクレジットカードを作りたくなかったり、カード会社からの案内や利用明細などの通知が煩わしいという方でも気楽に作れます。

デメリット

デポジットが必要

申込み後に最低2万円のデポジット(保証金)を預けなくてはいけません。あくまで保証金ですので、前払いというわけではなく高速道路の通行料金には使えません

デポジットの金額は毎月の利用金額により異なり、月額5,000円までの利用なら20,000円、月額10,000円なら40,000円というように、平均利用月額の4倍のデポジットを預ける必要があります。

もし利用し始めて、最初に申請した額よりも利用額が高ければ預ける金額を増額するように言われます。

また、利用金額の合計が預託したデポジットの80%を超えると利用停止になります。

デポジットは解約時には返金されますが、すぐに解約することもないでしょうから、申し込み時は大きな負担となってしまいます。

年会費がかかる

ETCパーソナルカードは年会費として1,234円が必要です。

年会費無料のものが多いクレジットカードのETCカードと比較すると維持費がかかってしまいます。

申込み手続きが面倒

ETCパーソナルカードはクレジットカードのようにネット申込みができません

申込書を高速道路のSA等のインフォメーションで入手するか、ETCパーソナルカード事務局へ電話して取り寄せてから申込書を郵送する必要があります。

その後デポジット振込みの依頼が郵送されるので、払込取扱票でデポジットを振り込みます。

デポジットの入金が確認されたらETCパーソナルカードが郵送されます。

デポジットの入金からカード到着まで2週間程度かかりますので、急いでETCカードが欲しい人には向いていません。

ポイントが貯まらない

ETCパーソナルカードにはポイントプログラムがありません。ETCマイレージは貯めることができます。

クレジットカードのETCカードはETC利用分のクレジットポイントが貯まりますので、ETCマイレージカードはそれが無い分損と言えます。

ETCパーソナルカードとクレジット機能付きのETCカード、どちらがおすすめ?

ETCパーソナルカードはクレジットカードを持てない方、持ちたくない方には便利ですが、そうではない方には断然クレジットカードのETCカードの方がおすすめです。

ETCパーソナルカードはデポジットや年会費がかかる上、毎月の利用金額をしっかり把握しておかなくてはいけません。

クレジットカードを既に保有している、もしくは問題なく取得できる方なら、あえてETCパーソナルカードを作るメリットはないと言えます。

>> クレジットカードのETCカードランキング