バイク ETCカード

トップ >> バイクのETCカード

バイクのETCカード

規定の排気量のバイクもETCカードを使って高速道路を利用することができます。

バイク

バイクも自動車と同じようにETCを利用すればETC割引が適用され、ノンストップで料金所を通過できます。

バイクにとって高速道路の料金所は自動車よりも操作が面倒なものです。

一時停止してグローブを外して、通行券を出して料金を支払って、お釣りを貰って財布にしまい、またグローブをはめて発進する…

ETCカードがあればこの煩わしさから解放されます。

>> 他にもあるETCカードのメリット

バイクは自動車以上にETCカードを持つメリットが大きいと言えます。

バイクには二輪車用ETC車載器が必要

ETC車載器は4輪自動車用と二輪自動車用に分かれていますので、バイクには二輪車用のETC車載器を取り付ける必要があります。

バイクは自動車よりも振動が激しく、雨にも濡れる可能性があるため、バイク用のETC車載器は車用に比べて防水性・防塵性・耐振動性に優れています。

ですからバイクに自動車用のETC車載器を取り付けると、故障や誤作動の原因になりますので、必ず二輪車用を取り付けましょう

バイク用のETC車載器もセットアップが必要

バイク用のETC車載器も車と同じように取り付けてセットアップをする必要があります。

取り付けとセットアップは購入したお店やバイク用品店で行ってもらえます。

知識のある人なら自分で取り付けることができるかもしれませんが、自動車よりも設置が難しいのでお店に任せましょう

バイクのETC設置にかかる費用は車よりも割高で、ETC車載器と取り付け・設置を含めた総額は2万5千~4万円くらいが相場となっています。

ETCカードは車用と同じでOK

ETC車載器は車用とバイク用に分かれていて1台につき1つの車載器しかセットできませんが、ETCカードは共通で使えます

ETCカードは車やバイクなどは関係なく、1枚で車やバイク、レンタカーなど、ETC車載器が導入されていれば複数の車で使うことができます。

別々に作って使い分けるのは自由ですが、バイク用に追加でETCカードを作る必要はありません。

>> クレジットカードのETCカードランキング