法人ETCカード

トップ >> 法人ETCカード

法人ETCカード

法人ETCカードとは?

法人ETCカードとは会社や個人事業主のためのETCカードです。

法人ETCカード

個人で作るETCカードと違う点は、

・ビジネス専用に使える
・支払口座が違う
・審査が厳しい

というところです。

仕事で高速道路を使う機会が多い場合、領収書の管理が大変だったり、仕事と私用の区別がわかりづらくなってしまうことがありますが、法人ETCカードはそんな悩みを解決してくれます。

ビジネス専用のETCカードとして作ることでビジネスでのETC利用の支払い明細がまとまって管理しやすくなります。

法人ETCカードは社員に複数枚作成して社員に渡すことができ、会社の経費で高速道路料金を支払うことができます。

また、個人のETCカードは個人名義の口座から利用料金が引き落とされますが、法人ETCカードは法人名義の口座から引き落とされます。

法人ETCカードは親カードの審査が個人のETCカードと比べると厳しいです。

法人ETCカードのメリット・デメリット

メリット

社員に現金を渡さなくていい

社員に高速料金を現金で渡すと、社員が高速料金以外の用途にお金を使ったり、領収書をもらい忘れたり紛失するなどのトラブルが起きてしまうことがあります。

法人ETCカードがあれば現金を社員に渡す必要がないので、そのようなトラブルを避けられます。

ETCカードは複数枚発行できますので、社員それぞれに渡しておくことができます。

経費管理がスムーズ

高速料金はカードの利用明細で確認できます。高速道路の入口、出口のインター名も記載されているので、いつどこでいくら使ったのかが一目瞭然となり、毎月の利用額を正確に把握できます。

領収書の整理や伝票入力などの事務処理の手間がなくなり、経費業務を簡素化することができます。

経費削減に役立つ

法人ETCカードもETC割引が適用されます。ETC割引を利用すれば現金払いよりも高速利用料金を減らせて経費を削減できます。

また、いつどこの有料道路を使ったのか利用明細で確認できますので、効率の悪い有料道路の利用や、私用で使っていないかなども見えてきます。

また、クレジットカードのETCカードなら利用ごとにポイントが貯まるため、貯めたポイントを事業で使うものに交換したり、キャッシュバックすることでも経費を削減できます。

デメリット

審査が厳しい

法人ETCカードは親カードとなるクレジットカードの審査が必ず行われます。

クレジットカード会社は会社が倒産して貸し倒れになるリスクを避けるため、会社の設立年数や実績をしっかりチェックします。

そのため新しい会社は実績がないため審査に通りにくくなります。

年会費無料のカードが少ない

個人用のクレジットカードタイプのETCカードは年会費無料で持てるものが多いですが、法人ETCカードは年会費無料のものが少ないです。

JCB一般法人カード(ポイント型)ETC/JCB法人カード(一般カード)は年会費1,250円(税別)で持つことができ、初年度は年会費無料です。

クレジット機能のない法人ETCカード

法人ETCカードには上記で紹介したクレジットカードタイプのETCカードのほかに、ETC協同組合が発行するクレジット機能のない法人ETCカードがあります。

>> 法人ETCカード(ETC協同組合)の特徴

【ETC共同組合とは…】
中小企業のビジネスがスムーズに回るようにサポートすることを目的とした組合です。コスト削減や経営に役立つ情報の提供などを行っています。
ETCカードのほかにガソリンカードも発行しています。

ETC協同組合の法人ETCカードは、会社を立ち上げたばかりで実績が少なく、法人クレジットカードの審査に通らなかった方でも作りやすいカードとなっています。

ただし初期費用や各種手数料がかかるなどデメリットもありますので、会社の状況を見ながらクレジットカードタイプとよく比較してから選択しましょう。

クレジット機能付きの法人ETCカードとETC協同組合の法人ETCカードを比較

JCB一般法人カード
(ポイント型)

JCB一般法人カード(ポイント型)
ETC/JCB法人カード
(一般カード)

ETC/JCB法人カード(一般カード)
法人ETCカード
(ETC共同組合)

法人ETCカード(ETC共同組合)
年会費 初年度無料
1,250円(税別)
初年度無料
1,250円(税別)
864円(税込)
手数料 - - 出資金 10,000円
発行手数料 864円(税込)
毎月の走行金額の5%
発行期間 最短5営業日 最短5営業日 書類到着後、10日程度
クレジット機能 ×
ETCカード複数枚発行
メリット ・ポイントが貯まる
・発行までが早い
・ポイントが貯まる
・発行までが早い
・クレジット払いとETC利用が一枚でOK
・新しい会社でも申込み可能
・ETCカード単体で作れる
デメリット ・個人カードより審査が厳しい ・個人カードより審査が厳しい ・デポジットなど各種手数料がかかる
・申込みに時間がかかる
・ポイントが貯まらない
入会特典 新規入会+条件を満たして最大5,000円分プレゼント! 新規入会+条件を満たして最大5,000円分プレゼント! -

クレジット機能のあるカード、ないカードどちらもETCカードを作成する枚数に制限はないため、社員にETCカードを配ることができます。
ETCの利用明細もいつでもまとめて確認でき、経費業務をスムーズに出来るところも共通です。

法人ETCカード(ETC共同組合)はクレジット機能がない分審査はゆるいので、新しい会社や、法人カードの審査に落ちてしまったという方におすすめです。

しかし、デポジット1万円や、毎月走行金額の5%の手数料など、各種手数料が高いです。
維持費で考えるとクレジット機能付き法人カードの方が圧倒的に安いコストで持つことができます。

また、ETC利用でポイントも貯まり、貯めたポイントを使って経費削減に役立てられる分、クレジット機能付きのETCカードの方がお得です。

法人クレジットカードを作れなかったり、どうしてもクレジット機能のない法人カードがいいというわけでなければ、JCB一般法人カード(ポイント型)ETC/JCB法人カード(一般カード)を選ぶことをおすすめします。